Luncheon mat.

お料理に目覚め、日々奮闘中。
最近始めたフルートなども。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |




2年目に突入

9月2日、フルートの発表会、無事終了しました!!

本当に、どうなることかと思いましたが、「ムリです発言してしまったレッスン」(発表会の前々回)の後、やっとこさ火がつき、「急がば廻れ」と言い聞かせながら、結構頑張った私であります。当日は思ったより緊張せず、演奏できました。

その次の週は、先生と反省会。
自分自身で思う良かった点と悪かった点。先生からの講評。他の方の演奏に対する感想などなど。久しぶりに先生とゆっくり談義。

「本当に、最後頑張ったもんねー。音、よく出てたよ。他の人もそういってた。ムリって思ったらそこまでになるものだけど、最後逃げなかったもんねー。頑張った!!」と褒めて下さったのがすごく励みになりました。大人になってしまった今となると、指摘はされても、褒めてもらうことは少なくってるものだから、素直に嬉しい。色々と反省点はあるけど、それによって具体的な目標を実感できたし。

それにしても、やっぱり、頑張った分だけ、それなりに演奏ができたことが、一番楽しかったし、嬉しかった。だから、「出てよかった!!」とちゃんと思えたんだなぁと思います。発表会を終えて、こういう風に思えるとは思いませんでした。本当に嬉しいです。

さて、反省会の最後は1年後の発表会に向けての「目標と予定」。
いくつか挙げられましたが、その1つに、とっても楽しそうな企画があるのです。
続きを読む >>
| フルート | 20:00 | comments(5) | trackbacks(0) | |




左足のみ筋肉痛の日々
フルートの発表会が容赦なくどんどん近づいてきています。最近になってようやくメロディーを練習できるようになりました!!!

でも、普通の練習ではありません。すごいです。前々から片手だけで楽器を支えている状態だったんだけど、それにプラスして、凄さがパワーアップ。簡単に言うと「片足だけスクワット状態」で吹いてるのです。

多分よくわからないと思うんですが、少しだけ説明すると、左足を一歩前に、右足は一歩後ろに。左足をまげ、体重を左足にかける。ブレスのときに左足を深くまげ、重心を常に前に。音を出しながら少しだけ足を伸ばす。右足は軽く添える程度。首の力をぬく=下を向いている状態。低音から中音にあげる時に、さらにガクンと頷くような感じで頭をさげる・・などなど。足を伸ばしきることはありません。

これはどういう練習かと言うと、私はすぐに重心が後ろに下がってしまいがち=腹式呼吸ができていない。ということで、常に重心を前にするべく片足スクワット。そうすると自然に腹式呼吸ができて、上半身の力も抜きやすく、力が入っていると、自分で気が付きやすい。本当にそのとおりで、音が出やすくなるし、中音から高音への移行のコツがつかみやすいのです。

「発表会直前までこれでレッスンするから。もちろん、家での練習もこれで!」
という先生の言葉通り、腹式呼吸と重心をさげることを身体に叩き込せねばなりません。

これで、足が細くなったら一石二鳥。左足だけだけど。

フルート画像はこちらから頂きました>>Natural



続きを読む >>
| フルート | 21:29 | comments(14) | trackbacks(0) | |




決定してるけど。

実は!!!

こっそり、フルート発表会の曲目が決定しております。

曲を決めるのも大変でした。
最初は明るくて楽しい曲を吹きたいと思っていたのですが、考えているとどんどん、綺麗でいかにもフルートなうっとり曲が吹きたくなるし、いざ「考えてきてみてね」といわれたら、なかなか、思い浮かばないし。思い浮かんできたらきたで、どれもこれも、吹いてみたいし。

やっと、「コレ!!コレだわっ!!」という曲が思い浮かんで、でも、それは私が予測しているのよりも1オクターブ丸ごと上で吹くべき曲だったり・・(もちろん無理)。

でも、曲を決める過程もとても楽しかった。

私:「●●がいいかなって思ってるんです」
先生:「うーん、それはちょっと無理だけど、ぢゃ、これは?」といってフルートを吹いてくれる。
私:「わー、それだったら、☆☆はどうですか?!?!」
先生:「んーーーー・・それはーやっぱ無理かなぁ。これならいけるわよっ!」

・・ってな感じでどんどん曲が出てきて、来年にはコレを吹けるようになりたい!!って思える曲も見つけられたり。

先生が推して下さったのは「ロミオとジュリエットの愛のテーマ」(トリノでのコーエン選手、フリーの曲)すごく綺麗な曲だし、びっくりするほど難しく聞こえる=吹き応えがある曲。最後まで悩んだんだけど、なんしか、あまり知らない曲だという事と悲劇中の悲劇であるという事が、ちょっとしっくりこない気がして、別の曲を選びました。あの切ない感じも良かったんだけどなぁ。

で、結局何に決まったかと言うと・・・・

コレです。

わりと単調なメロディーなので、移調をしたりして先生がアレンジを加えてくれるそう。落ち着くところに落ち着いたって感じです。もっと言えば悩んだわりには、「もんのすごい普通」です(笑)

でも、私のフルート歴の記念すべき第1曲目になる曲。気分はオードリーヘップバーンでいきます!!!
続きを読む >>
| フルート | 19:09 | comments(6) | trackbacks(0) | |




できなーーーーーい
最近、フルート、今までに輪を掛けてよりいっそう進歩が遅くなったように感じてます。なんだか、前できてたことができなくなってしまったような・・

それとも、前はできてると思ってたけど、実はできてなくて、それに気がついたのかな。

この間のレッスンで「できるかできないかは別として、吹きたい曲は?」と聞かれたので、これが吹けたら最高だなと思っている曲をあげたら、先生が少しだけ吹いてくれました。先生も大好きな曲らしいです。

ただ、私が思っているのより1オクターブまるごと高い!!!!衝撃。これには参りました。初心者向けのその曲の楽譜もあるみたいだったんだけど(多分それは、先生が吹いて下さったものより1オクターブ低いのだろうと予測)、1オクターブ下で吹いてもうっとりできないんだろうなというのがよくわかりました。

同時に、いつかは絶対に吹けるようになりたいと思う曲になりました。その曲ってなに?って思われるでしょうが、恥ずかしいので、その曲を練習できるようになった時に、言いたいなと思います。いつになることやら。




フルート画像はこちらから頂きました>>Primore
| フルート | 08:24 | comments(9) | trackbacks(0) | |




ファもミもレもドも出なーい。

フルート、ちょっとだけ進んでます。

ソ・ラ・シがなんとかできるようになりつつあるので
こんどは、下の音「ファ・ミ・レ・ド」の練習へ。
やっと、右手登場!!

でも、右手の人差し指と、中指、薬指で上からキーを押さえるだけ。本来は、親指が楽器の下にきて支えるところを、親指は使わず浮かしている。

要するに、相変わらず、楽器を支えるのは左手オンリー。でも、不思議と左手オンリーになれてきています。でも、二の腕はプヨプヨのままです。

下の音は思った以上に出にくくってまた苦戦中。
「ファ」の音はなんとか出る。
「ミ」の音は「ファ」を吹いた後の勢い(?)があればなんとか出る。
「ド」の音は出ない。

なんで?今、たった今、「ファ」とか「ミ」とか出たぢゃぁぁぁん・・。

って思うんだけど、これは、もう、「ファ」も「ミ」も、ちゃんと出ていないってこと。出てるつもりになってるだけ。音がひっくりかえっちゃうので、つい、息を弱くしちゃってヨワヨワヘロヘロ。(本当は低い音ほど、太くしっかり吹き込むべし。)

発表会まで、あと3ヶ月ちょっと。

先生は「さーて、具体的に曲を考えましょうねー」と、おっしゃっています。



フルートの画像はこちらから頂きました>>Primore



| フルート | 08:27 | comments(6) | trackbacks(0) | |




ソラシラソラシラ
久しぶりにフルートの話。

やっとこさ本体をつけての練習に入っている。
今は「ソ・ラ・シ」の3音。
「そーーらーーしーーらーーそーらーしーらーそらしらそらしら・・」とひたすらソラシを段々と早く吹いていく。
32分音符でソラシラ・・なんて口で歌うことすらままならない・・。

でも、これでも益々フルートっぽさが増してきて嬉しい。

フルートは本来言うまでもなく両手で持って吹く楽器なのだけど
今、私は左手だけで楽器を持って練習してます。
先生曰く「こんな練習させるの私くらいかもねぇ。ちょっと荒治療的練習だけど、しっかり構えられるようにならないと、あとあと困ることになるから」。

いつか友達が言ってた「話、聞いてるとスパルタやな」という言葉が頭に浮かぶ。

すごいです。思ったよりも長いし、まだ構え方がなってないので
すごく重い・・。重いと感じるのは良くないことで、きちんと構えていれば重くないらしい。口元に力が入っていると、吹き口と口元がフィットせず、ぐらぐらして、音が出ない。そのため、手の力で楽器を支えようとする→ゆえに重く感じる。先生に言われたとおり口元を緩めようとするのだけどなかなか。フルートが身体の一部になるにはとにかくリラックスリラックス。でも、そうなるときには、私の左の二の腕はムキムキになってそう。でも、まぁ今みたいなプヨプヨよりもいいか。

「そろそろ、発表会の曲を決めるから、今が大事よ!」
とプレッシャーをかけられてしまった。

出るそうです。私!!
かっこうとかチューリップとか大きな古時計とかかな。

さて、なんの曲に決まるか、こうご期待。

※「ソラシラソラシラ」の記事中の写真はこちらから頂きました>>Primore



| フルート | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | |




フルート、やっと本体をつける。
昨日は、今年最初のフルートレッスン。

やっとこさ、本体をつけることになった!!!
始めたのが、この時期・・半年かかってる。

この日のために、本体はずっと手をつけず、箱から出した事もない。

正直、2週間あいたわりには、いまいちな進歩だったので
自信は全くなかったんだけど、レッスンを始めると
先生の顔が少し明るくなってきて、私も嬉しくなった。

で、ついに
「では、本体を組み立てましょう」
という言葉。

本体をつけた感想。

長い。重い。
かっこいい。キラキラ。

もちろん、マウスピースがマスターできたわけではなく
できそうな目処が立ったので、持ち方の練習のみ。
どんなに動かしても、口元から吹き口がずれないように、ずれてもすぐ直せるようにする練習。

組み立て方と、手の置き方、構え方を教わってから
「ぢゃ、ちょっと吹いてみて」といわれて吹いてみたら「ソ」の音が出た。

あぁ、嬉しいY
| フルート | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) | |




NEW<< | 2/2 | OLD
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
.............................................
    
     author:**Nao**
................................
    
        にほんブログ村 料理ブログへ
     レシピブログ「朝ごはんレシピ♪」参加中!
      
    
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE



LINKS
A walk course
Favorite


↓ブログで紹介した中でも
 特にお気に入りの本を
 紹介してます。
  
    無料カウンター無料推奨オンラインオンラインカジノ割安スペース10

AmazonStore
by amanatu



SPONSORED LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM