Luncheon mat.

お料理に目覚め、日々奮闘中。
最近始めたフルートなども。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |




カツオの漬け焼き丼

朝はどんより曇っていたのに、
気が付いたら外はびっくりするような晴天。

天候の変化に身体がついけてないのかな。頭がぼわんと重い。
「あぁ、お腹すいたなぁ・・でも、めんどくさいなぁ。」
なんてゴロゴロしながら天井に向かって考えてても
今日は家中みんな出かけてて、
誰かのお昼ごはんに便乗することもできない。

面倒だけど、確実にお腹は空いているので
エイヤと起き上がり、調理開始。

朝に仕込んでおいたカツオの漬け(カツオのお刺身。閉店間際の生協さんで激安でGET)
をフライパンで焼く。一緒に万願寺唐辛子も。スライスした玉ねぎとミョウガをご飯にたっぷり盛り、焼いたカツオをのっけて、葱とゴマ。レモンをひとしぼり。もうちょっと漬けダレを加えてツユダクにしたら良かったかな。

と、うだうだとしんどい振りしても、食べだしたらモリモリとあっという間に平らげてしまうあたりが「夏痩せしらず」のコツ(?)だろうなごちそうさまでした。

| 料理日記 | 14:50 | comments(6) | trackbacks(0) | |




ゴーヤーチャンプルー。

うっとり。夏野菜って本当にキレイ。涼しげ。

農作業で、毎回おせわになっているKさんから頂いたもの。
サラリーマンだったKさんは、
定年退職をむかえ、自分から進んで畑をかりて、
野菜を育てているらしい。

色々とアドバイスくださったり、畑の野菜を
収穫させてくださったり。どんな上司だったんだろう。
「もー、あそこの畑、どうするつもりやねんなー。」
なんて、よその畑の心配をしたりしているのを見ると世話焼き上司だったのかな?
私が部下だったら気が気でないだろうなぁ、出会ったがココでよかった(笑)。

と、言うわけで、さっそく頂いたゴーヤでチャンプルー。ごちそうさまでした。

[参考] かんたん美味(1) / ベターホーム協会

| 料理日記 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | |




鮭とキュウリと梅のまぜまぜご飯

お弁当によく作るてんきちのおばあちゃんさんの
「鮭と梅の混ぜご飯」。
きゅうりをいんげんやアスパラなどに変えながら、
作り続けてもう3、4年。

久しぶりに改めてオリジナルなレシピを見てみると
きゅうりを塩もみするっていう工程がある!!

そっかー、塩もみだったかぁ。

今回作ったのはきゅうり入りだけど、そのまま種を取り、ころころに切ったもの。歯ごたえしっかり。

色合いがキレイなので、いつものお茶碗ではない真っ白なお茶碗に盛ってみた。それからこのお茶碗を選んだ理由のもう1つが大きさ。このご飯にすると沢山食べちゃうので、ふた周り程大きいこのお茶碗が調度よいのです。

[参考] てんきちのおばあちゃんさんのレシピ

| 料理日記 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | |




My Farm と 冷やし中華。



先々週から始めた「借り農園」。最初の種まき&苗植えには参加できず、母と妹に任せることに。土曜日にその成長ぶりを見てきました。
植えたのは、トマト・茄子・黒豆・もろへいや・にんじん・かぼちゃ・きゅうり・木綿・みょうが・・などなど。それぞれに相性がよいハーブやお花なども一緒に育てています。(コンパニオンプランツというそうです)。

成長ぶりはというと、枯れたりはしていないものの著しく大きくなっているということでもなし。水遣りと柵の補強をし、少しハーブを増やして、作業終了。かえる準備をしているとお隣の畑のご夫妻が「きゅうりの初収穫よー」と見せてくださいました。2日前まではまだまだ人差し指程度だったのが2日で4倍ほどに成長したのだそう。「今はまだがらがらだけど、すぐ大きく繁ってくるわよ!」と励ましてくださいました。電車とバスを乗り継いでくる私たちは他の方から見ると驚きの存在みたい。そのご夫妻が「大変だろうから」と帰りに最寄の駅まで車で送ってくださいました。その上「収穫はまだかかるからね、コレ持ってかえって」と大葉も頂きました。ありがたい。


畑仕事からの帰り道。
クッタクタになりながらも考えることは食べることだけ。
食べたい気持ちはあるけれども、残る体力は極わずか。
こういうときは決まって麺類が思い浮かびます。

「パスタって気分でもないし、きゅうりとレモンがあったなぁ」
と考えてぱっと思い浮かんだのが、夏の風物詩「冷やし中華」。

市販の醤油ダレは甘いので、
レモンをきゅうっと絞って味を調節。
具は千切りきゅうり、トマト、ゆで卵。ちなみにこのキュウリもこの農園での頂き物。

ちゅるちゅるちゅるっとご馳走様でした。

| 料理日記 | 13:32 | comments(2) | trackbacks(0) | |




にんじんのシンプル炒め

ウーウェンさんの料理本を読むようになって、
「使う具材はひとつ」というシンプルな食べ方が好きになった。

特に人参。野菜炒め・肉じゃが・シチューなんかに入った人参
は、どーも匂いが気になって実は苦手だったんだけど、
人参だけで食べるとその美味しさがわかるようになったような
気がする。人参だけのサラダも大好き。

この炒め物も、人参オンリー。味付けも塩胡椒だけと最小限。

で、このシンプル極まりない炒め物にもコツがあって、最初にサラダ油と胡椒を火にかけて、胡椒油を作り、そこに人参を投入。中火でじっくり火を通してから、仕上げにお塩を入れる。最初から入れると人参がしなっとしすぎてしまうだそう。塩を入れる前に味見をしたときは人参の甘さががむしゃらに前に出た感じだったけど、塩を加えたとたんと味がしまってぐんと美味しくなった。人参が好きになれて良かった良かった。

[参考] 体がよろこぶ季節のごはん / ウー・ウェン(著)

| 料理日記 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | |




塩梅。

暑いー。
昨日から「パスタの口」になっていたので、
朝起きてすぐ、いそいそとトマトソース作り。
と言ってもトマト缶を煮詰めるだけの
有元葉子さん流のシンプルトマトソースです。

そのソースにアンチョビペースト・ツナを加えて
パスタにしました。

なぜ「パスタの口」になっていたかと言うと
落合務の料理ノオト」を読み始めたから。
読んでいるとど〜してもパスタが茹でてみたくなってきたのです。

落合務さんの「パスタをゆでるときはしっかりと塩をいれる」という言葉に従って、お湯にかなりの量のお塩を投入。
ここまでは良かったんだと思うんだけど、ソースのほうに加えたアンチョビペーストがどうやら多すぎたようで最終的には塩辛くなっちゃいました
まぁ、そんなに即効に絶妙な塩梅を会得できるはずもないので、何事も経験あるのみということで

[参考]落合務の料理ノオト
有元葉子のスーパー・シンプル・スパゲッティ

続きを読む >>
| 料理日記 | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | |




門司港へ。

6月の最終週末。「JR西日本パス」を使い、九州に行ってきました。1日目は祖母に会いに大分へ。翌日の帰りに途中下車し門司港で遊んできました。

何の下調べもせず、降り立ったJR門司港駅。ホームに出て驚きました。普通の駅とはなんか違うぞ!それもそのはず、国の重要文化財に指定されている程に歴史ある駅なのです。


今も現役で活躍する駅舎は、どこを見ても歴史を感じます。そしてそれが今でも自然に使われているのです。

写真左上(プラットホーム)
長い長いプラットホーム。他とは違う雰囲気が漂うのは、その歴史ゆえのものなのはもちろんなのですが、ベンチがおいていないのです。始発駅なので必要がないからなのだそう。なるほど。

写真右上(帰り水)
終戦後の復帰の人々が門司に上陸し、安堵の思いでこの水道の水で喉を潤したことから、「帰り水」と呼ばれるようになったそう。

写真左下(洗面所)
トイレとは別に洗面所があります。とても低い場所に設置されているのは、ぞうり履きだった当時、足も洗えるようにそうなっているとのこと。

写真右下(幸運の手水鉢)
1階のトイレにある青銅製の手洗い器。開設当時から、残っており、現在も活躍中。戦時中の貴金属供出から免れたことから、幸運の手水鉢と呼ばれているとのこと。



お昼ごはんは、「旧門司三井倶楽部」で名物だという焼きカレー。その後、ボランティアガイドさんに案内していただきながら路地裏散策へ繰り出しました。これが、参加してみて大正解!!!ガイドさんに心底感謝です。とても丁寧な説明(かつ押し付けがましくない)。想像力が刺激され、当時の様子を思い浮かべながらの散策は充実した時間。のんびりした雰囲気ながらも気が付けばお話に引き込まれてしまい、路地裏での写真はほとんど撮り忘れてしまったけれど、4人(ガイドさんに私たち姉妹2人ともうお一人で回りました)で歩いて見た風景は記憶に焼きついているので、後悔はありません。

1時間ほどガイドしてもらった後は、門司港周辺をブラブラお散歩&遊覧船。大満足な週末となりました。ガイドさんのおかげでこの町の奥深さを垣間見ることができた気がします。見所は他にも沢山あるはず。是非また訪れたいぞ!


続きを読む >>
| その他日常 | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) | |




おくらの煮浸し

高山なおみさんの「今日のおかず」からおくらの煮浸し。
緑色が清々しくって涼やか。冷蔵庫できりっと冷やして食べました。

梅雨入り1週間にして急に蒸し暑い。うぅ。
これからの季節こういう冷やして食べる一品は嬉しい。

作る時も「全品あったかいまま食卓へ」と意気込みすぎて、
「お箸出しといてっ!ご飯ついどいてっ!!」
と声を荒げるときが多いけど、冷蔵庫で待ってくれてるので
気持ちに余裕が生まれます。

[参考] 今日のおかず / 高山なおみ(著)

| 料理日記 | 20:01 | comments(2) | trackbacks(0) | |




やわらかジンジャーチキン

久しぶりの甘辛おかず。

小麦粉をまぶして焼いたささみがふんわり柔らか
我家の好みにあわせて生姜たっぷり、砂糖控えめで作りました。
サンチェでくるんでパクリ。
あぁ、ご飯が進んで困るなぁ。

これがお弁当に入ってると嬉しいかも。
ご飯の上にどんどんっと乗っけて、
紅生姜なんかも添えて。
付け合せはいんげんの塩茹でかな。
これぞ「家庭料理」という美味しさなので自然とお弁当が目に浮かびます。

ところで、久しぶりに「ささみの筋とり」をした。
最近売っているささみは、筋がとってあるのがほとんどな気がする。
筋とりって面倒くさいといえば、面倒なんだけど、
取り掛かり始めると、上手にきれ〜にとれた時の達成感がやりがいとなって(大げさ?)、結構楽しい。

何事にもやりがいを見出さなくてはね。

[参考] てんきち母ちゃん家のふつうの日の絶品ごはん/ 井上かなえ(著)

| 料理日記 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |




決まりました。
フルートの発表会の曲目が決定しました!!
なんと今年はこの曲

きゃ〜、どうしましょっ。こんな綺麗な曲が吹けるのですよ(いや、まだ楽譜ももらってない・・吹き始めてもない・・)。興奮です。感動です。言ってみるもんです。

4度目にしてやっと希望の曲が通りました。うわーん。

こうやって改めて聴いてみるとやっぱり難しそうだ。
でもやっぱり綺麗で大好きな曲だ。

がんばるぞ。おー!!

フルート画像はこちらから頂きました>>Primore

| フルート | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | |




NEW<< | 2/64 | >>OLD
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
.............................................
    
     author:**Nao**
................................
    
        にほんブログ村 料理ブログへ
     レシピブログ「朝ごはんレシピ♪」参加中!
      
    
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE



LINKS
A walk course
Favorite


↓ブログで紹介した中でも
 特にお気に入りの本を
 紹介してます。
  
    無料カウンター無料推奨オンラインオンラインカジノ割安スペース10

AmazonStore
by amanatu



SPONSORED LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM